カクテル老舗BAR講座・まずいカクテル缶

info@cocktail-master.com082-241-7283

老舗バーのバー開業講座「カクテル缶が美味しくない理由」

紳士的なカクテルの飲み方と勧め方。NHK放映、日経・リクルートなど全国紙掲載。自社ビルを建て、58年続く老舗バーが真実を伝授。

紳士的なカクテルの飲み方と勧め方。NHK放映、日経・リクルートなど全国紙掲載。自社ビルを建て、58年続く老舗バーが真実を伝授。

  1. カクテル老舗BAR講座
  2. バー開業講座目次
  3. 老舗バーのバー開業講座「カクテル缶が美味しくない理由」

カクテル缶が美味しくない理由

缶入りカクテルの味

恐れ多いタイトルで、申し訳ございません。もし、読者の方で、大手メーカーにお勤めの方が、いらっしゃいましたらお許し下さい。メーカーの方に対して、悪意も侮蔑も全くありません。

正直、ひと昔前と比較すれが、驚異的ともいえる進歩をとげています。美味しくなったのは、間違いありません。

それでも、プロのバーテンダーからすれば、本物のカクテルとは比較の対象にもなりません。もし、本物のカクテルを経験してしまうと、二度と、飲む気にはなりません。もちろん、経済的・時間的理由で、考慮の対象にはのぼりますが・・・(笑)


プロにしか、本物カクテルは作れない?

でも、本物のカクテルって、プロしか作れないし、仕方ないのでは??
そう思われた方も、多い事でしょう。

もちろん、プロのバーテンダーでないと作れないカクテルもあります。
でも、大半は、プロにしか!ではなく、プロしか!作らないカクテルがあるだけ。

カクテルは、家庭でも、カンタンに楽しめるものです。
それに必要な知識・技術は、ほんの少しだけです。
ただ、知っているか、どうかだけ。

趣味で、家庭で楽しまれるには、数時間の学習で十分です。
但し、誰から学ぶか?というのは、慎重に、考えなければなりませんが・・・

本物のカクテルは、どちらか?

さて、もう少し、メーカー推奨のカクテル缶と、本物のカクテルの違いについてお話しましょう。

私たちプロは、当たり前と思っている事ですが、一般的には、このメーカーのカクテル缶こそが、本物のカクテルだ!と思っていらっしゃる方もあります。嘘のような本当の話です。

ごくまれに、弊店でも、こんな会話があります。
特に、女性のお客様で・・・

お客様A「このカクテル、美味しいね~。」
お客様B「本物のカクテルとは、味が違うけど、美味しいよね~。」

スタッフ 「あの~。本物のカクテルというのは?」
お客様B「メーカーが作った正規のカクテル缶のことよ。当たり前でしょ」
スタッフ 「・・・・・」

メーカーの知名度に惑わされる典型的な例ですね。ビッグネームなものが、本物であると思ってしまうのは、やむを得ない事でしょう。困ったものです。


明確に分かる、本物のカクテル。

明確に、その違いが分かるお話をしましょう。

例えば、絞ったばかりの果汁を使用したものと、さまざまな調合をし、保存できる状態にしたものと、どちらが、美味しいと思われますか?

作り置きのものと、直前に作ったものと、どちらが美味しいでしょう?料理と同じく、作ったばかりの方が、美味しいに決まってますよね。味だけでなく、香りや色も含め、堪能することができます。

さらに、ご自分の好みに応じて、アルコールの度数や、甘さなども調整できます。たった、これだけのことでも、その差は、歴然ですね。

まして、プロのバーテンダーが作るとなると、さらに、さまざまな知識・技術を駆使して、最終的には、そのお客様の好みに合うカクテルを創り上げていくわけですから・・・美味しいのが当たり前です。常識的に考えれば分かる事のようにも思います。

大半の方は、カクテル缶は、偽物と分かっていて、時間と労力を節約しているだけ! ただ、実は、一般の方が思うほど、時間と労力が、かからない事実はご存知ないかもしれません。

趣味で、ご家庭で楽しまれるレベルであれば、ほんの少しの知識・技術があれば、カンタンにカクテルは作れます。それも、プロのバーテンダー作るカクテルと、ほとんど差のないレベルのカクテルが!

但し、一般の書籍に書いてある「カクテルレシピ」の通りに作っても美味しくはできませんが・・・。

本やネットでは学べない「老舗BARの秘伝」
紳士的なカクテルの勧め方とは?

トップに戻る